​글로벌 프랜차이즈 커넥티드 플랫폼

32万個のフランチャイズ加盟をさせた中国1位のクワイダオグループの子会社のジュンチンチョワンの独占契約社、ヨウアジエフの創立式開催

2018/03/23

 

 

 

 

 

 

32万個のフランチャイズ加盟をさせた中国1位のクワイダオグループの子会社のジュンチンチョワンの独占契約社、ヨウアジエフの創立式開催
- 中国1位のフランチャイズのクワイダオの中核系列会社のジュンチンチョワンの韓国進出
- ジュンチンチョワンの投資会社兼独占窓口の契約社である(株)ヨウアジエフの創立式、盛況に開催
- ITプラットフォーム基盤のフランチャイズ3.0事業の成功的な中国進出の基盤を用意
- クワイダオの32万の加盟店に韓国の商品の独占納品権を通した韓国の商品の販路開拓
- グローバルフランチャイズのフランチャイズコネクテッドプラットフォームブランドの育成及びグローバル市場への進出インフラストラクチャのサポート
8日、中国及び世界のフランチャイズ業界1位企業のクワイダオ(ジュンチンチョワン)の韓国独占パートナー会社である(株)ヨウアジエフの創立式が盛況に開催された。


ヨウアジエフはグローバルフランチャイズコネクテッドプラットフォームを目指し、韓国のフランチャイズのグローバル30カ国コネクテッドコンサルティング及びマネジメントサービスを提供する。特に中国事業分野では、最も特化していて、韓国のフランチャイズの中国進出及び運営の全般に対したコンサルティングサービスを提供する。フランチャイズの中国進出を実行及び安定化の段階で成功的な現地化のため、クワイダオのフランチャイズクイックソリューションを活用する。クワイダオは、中国最大のフランチャイズビッグデータを保有している中国の1位フランチャイズ企業であり、この協力でヨウアジエフは韓国フランチャイズ事業の成功的なグローバル進出のための橋頭堡の役割をすると期待される。
ヨウアジエフは、同日開催されたグローバルフランチャイズ進出説明会で「クワイダオ(快道)とジュンチンチョワン(中轻创)との協力関係を通じて、フランチャイズプラットフォームとマーケティングインフラストラクチャを提供し、専門企業との提携による韓国フランチャイズ企業の中国市場及びグローバル市場への進出を支援し、FINE戦略(フランチャイズ流通、IT、新事業、教育)で世界中のフランチャイズプラットフォーム、世界1位企業になれるように努力する」と抱負を語った。


特に、当日、FINE戦略のコンテンツは、フランチャイズのコラボレーションのIP +コラボフランチャイズの開発への展望を提示し、グローバルプラットフォームの専門企業(株)ココブプラットフォームホールディングス(会長、ギム・ソンチャン)とブロックチェーン専門企業(株)グロスファー(代表、キム・テウォン)と一緒に「グローバルコンテンツIP及びフランチャイズ事業」に関する業務協約式を締結した。

 

 

今回の協約を通じてヨウアジエフは韓国のコンテンツIP及び韓国のフランチャイズ事業の中国市場への進出のための足場をココブプラットフォームホールディングスとグロスファーとの協力を通じて用意し、中華ヨウアグループの豊富な経験とマーケティングの能力に基づき、グローバルフランチャイズブランドの育成やグローバル市場への進出のための両国間の協力体系を構築したと発表した。

 

この日の協約式には、中国クワイダオ及びジュンチンチョワンの創業者のジャン・スェチャン(张学)、ジュンチンチョワンとヨウアグループの兼任の共同CEOであるマウイエ(马跃)、ヨウアグループのション・ジンファ(沈静华)CEO、ロスチャイルド銀行出身のヨウアグループのCFOのジェフリー・リャン、ヨウアジエフのジョン・チャンソプ会長、ココブプラットフォームホールディングスのギム・ソンチャン 会長、グロスファーのギム・テウン取締役、コスダック上場企業のディエムシのキム・ヨンシク副社長、ダブルピパートナーズのパク・ギョンス

 

会長、(社)韓中都市友好協会のジョ・グァンジェ諮問委員長、(社)ショービーズエンターグループのアンドレ・ジョン鄭会長などが出席して協約式を行った。

 

一方、ヨウアジエフは親会社のヨウア(有啊)グループ、クワイダオ(快道)とジュンチンチョワン(中轻创)を通じ、韓国のコンテンツIP及びフランチャイズ事業に関する中国内のプラットフォームの構築やインフラストラクチャを提供し、ココブプラットフォームホールディングスは、エンターテイメント、コンテンツIP、フランチャイズ事業に関する国内のプラットフォームを構築し、中国及びグローバル企業の韓国進出業務を支援するという内容を盛り込んでいる。グロスファーは、全体的なブロックチェーンの技術及びソリューションをサポートする方針である。

 

ヨウアジエフの中核メンバーである共同代表のバク・サンヨンは、中国の清華大学を卒業してチャビスの専門経営者1期を経てヨウアグループの戦略企画チーム長を兼任していて、韓国語、中国語、英語、日本語の4カ国語を流暢で、グローバルビジネスに優秀な人材である。ヨウアグループのCFOであるジェフリー・リャンはロスチャイルド銀行の北京首席代表を務めた時、ジャック・マー会長のアリババNYSE上場時、影響のあるコンサルティングをした人物で、「ヨウアジエフを短期間でユニコーン企業として成長させることに最善を尽す」と伝えた。

 

ヨウアグループは、2015年のスマートリズム(丰禾)という会社を始め、3年間で速い速度で発展し、中国だけでなく、香港、シンガポール、アメリカ、日本、ロシア、欧州などのパートナー社とフランチャイズ、IT、新技術、エンターテイメント、医療、AI、ICOなど、様々な分野で活動している「グローバルビジネスメイキング」企業である。留学生を専門経営的にトレーニングして、創業インキュベーションさせる「チャビス(Chabis、ビジネスメディアプラットフォーム)」を運営しており、ジュンチンチョワンと多方面で協力を進めている。一方、クワイダオは飲食、健康、美容に特化した、中国で132万個のフランチャイズ、200以上のフランチャイズブランド、6300人の社員と32個の系列会社を保有している会社で、フランチャイズ事業では、中国内だけでなく、世界的にも最大規模を誇り、フランチャイズ業界のアリババと呼ばれている。1線都市より、2-5線の1500都市を細分化し、中国人の地域別の消費水準、嗜好、傾向などを正確に分析する地域別ビッグデータを活用し、最速に加盟店を誘致する世界最高水準のフランチャイズビッグデータクイックソリューションを保有していて、サードの影響にも関わらず、韓国料理のフランチャイズのハンサングンとキョンブグンを2016年だけで873店舗をオープンし、

 

アイスクリームのフランチャイズを1年間2万個を加盟させるなど、ギネスブック級の実績を持っている。この日のイベントに参加したクワイダオグループの系列会社のサバスキンのソン・ハイポン総裁は「3年間で140個以上の加盟店を保有している化粧品専用のフランチャイズショップ分野の1位のサバスキン(Savaskin)は韓国化粧品を中国人に広く知らせる最も良いO2Oショップで、多くの韓国の化粧品を輸入することを希望する」と語った。

 

また、ジュンチンチョワンはクワイダオグループの中核系列会社であり、中国の統一戦線部傘下の留学人材発電会との合弁設立された会社で、クローバルフランチャイズ、スター合弁ブランド(中国版のユ・ジェソクのホ・ジオンとのシーフードブランド合弁)、政府の合弁ブランドを専門的にコンサルティングする中国初のフランチャイズ政府機関・企業として知られていて、クワイダオグループを通じて、中国に進出しようとする全ての外資系フランチャイズの独占窓口権と32万個の加盟店に納品する海外商品に対した独占権を保有していると知れせている。

 

 

 

 

ヨウアジエフはジュンチンチョワンの権限のうち、韓国の商品をクワイダオグループ内の全ての加盟店に納品することができる独自の窓口権を通じ、韓国の多くの商品を調達し、2018年内の売上を1000億以上と目標している。

 

 

特に、今回のビジネスメイキングを主導したヨウアグループの創業者のHenryは、「現在のフランチャイズ3.0市場を開いている中国は、職場生活より創業を希望するパリンホウ(80年代生まれ)の世代と50〜60代の世代の経済引退時期がかみ合って、今後もフランチャイズの需要が爆発的に増加する予定で、今回の業務協力の価値はさらに増大すると見られる」と伝えた。

 

今後、ヨウアジエフの韓国の法人設立により、豊富な経験やマーケティングインフラを活用した韓国のフランチャイズ市場のグローバル進出に推進力となるかどうか、その成り行きが注目される。

 

 

 

 

Please reload

Youa GF Koera

U-space1 B1201, Daewangpangyo-ro 660, Sungnam-si, Gyeonggi-do, Korea

KOERA Office +82)70-7660-4730